営業とは「気づき」を得る行為のこと

こんにちは。「ほ。」です。

今回は、「営業」とか「セールス」と聞くと、
なんだか気が重くなってしまう方へのヒント。

ここで言う「営業」とは、
自分の商品を売る時の取り組み方、と考えてください。
例によって専門的なことではなく、
考え方のヒントです。

営業とは「買ってください」ではない

見出し通りですが、
営業と聞くと「自分の商品を買ってもらう」行為の
イメージがありませんか?

クリエイターや専門職に就いていると、
営業と切り離されることが多く、
営業って怖い、よく分からない、とかの
イメージがある人は多い気がします。

もしそんなイメージがあるのであれば、
このように考えてみてはいかがでしょうか。

営業は「買ってください」ということではなく、
「自分の商品を知ってもらうこと」です。

極端な話、「買ってください」は禁句にしても良いです。笑

どういうことかと言いますと・・・

自分がやりたいこととの距離が大切

なんでもそうですけど、
買う側としては「良い商品」と思えば買います。
そして、「良い」は人によって違います。
(良い=必要、唯一、おしゃれ、などなど)

つまり、買うことに抵抗があるとすれば、
「良い」と思えてない(足りてない)状態なんですね。

ということは、営業とは
「買い手の【良い】度を上げるためのサポート」
と考えることができるかもしれません。

お客さんが求めていること。
それは見えるものかもしれないし、
見えないものかもしれません。
いずれにせよ、その求めているものを把握するために、
お客さんの話を聞き、自分の商品がマッチするかを
確認していく行為。

これが営業なんですね。
(だから、「買ってください」じゃないんです)

常に自分がやりたいことが軸で良い

ここで重要なのは、
「自分がやりたいこと」を軸に考えることです。

何かを作る、商品とする、のであれば、
曲げられないポリシーやラインがあるはずです。
その点を曲げてまでお客さんの声を聞くと、
中途半端なものにしかなりません。
結果、誰も幸せにならない状況になります。

買ってもらえなかったことを気にしなくて良い

また、買ってもらうことを中心に置くと
買ってもらえなかった時に
多少なりともメンタルダメージがありませんか?

これも、お客さんの声を聞くことが主題であれば、
お客さんの声を聞けなかったとしても
受け入れやすいのではないでしょうか。
(言葉にするのが難しい人もいますよね?)

この人からは意見を聞くことができなかったけど、
今はまだそのタイミングじゃないんだ、って感じです。

お客さんの声を聞きながらも
自分軸からは外さない。
そしてもしお客さんから気づきを得られたら。
もしお客さんが気づきを得たら。

そんなチャンスというか出会いを探しに、
営業する、と考えてみたら、
少しは気が楽になるのではないでしょうか。

やってみよう

お客さんの声を聞いてみよう

「自分で考える、創る、はたらく、暮らす」ためのサポートをしています。

詳しくはこちら